休業補償(専業主婦)横浜市港南区での交通事故治療は当院にお任せ下さい

2018年05月18日

こんにちは鎌倉街道整骨院です!

このブログでは交通事故にあった際に損をしないための知識を紹介いたします。そして患者様が治療・補償共にしっかりと受けるための手助けになればと思います。

今回は交通事故治療で重要な休業補償、特に専業主婦の方への休業補償についてお話をしようと思います。

休業補償とは交通事故の被害者の方が怪我をしたことにより治療あるいは症状固定までの期間、働く事が出来なくなった際に収入が減少することによる損害を言います。

今回の場合は主婦の方が主婦業を出来なくなってしまった際の補償です。

交渉におけるいわゆる保険実務として示される主婦休損は1日あたり5700円×実際に通院した日数になります。これは自賠責保険が5700円を超えることが明らかなことが証明できない場合、原則として1日5700円とする基準に従ったものになります。

主婦ですから当然ながら証明が難しい事からこの1日あたり5700円が家事従事者である専業主婦の休業損害として結びついています。

なお、実際に通院ないし入院をした日数とするのはそれ以外の日に関しては家事が出来たであろうと判断される事からです。他に家事をする人がいないことの自己申告を要求される場合もあります。

交通事故の休業補償に関しては様々なパターンがありますので、分からないことは当院でお気軽にご相談・お問い合わせして頂ければと思います。

知らないと損する慰謝料の話!

2018年05月7日

こんにちは鎌倉街道整骨院です!

このブログでは交通事故にあった際に損をしないための知識を紹介いたします。そして患者様が治療・補償共にしっかりと受けるための手助けになればと思います。

今回は交通事故治療で意外と知られていない?”慰謝料”についてお話をしようと思います。

まずはご存知かとは思いますが、交通事故に遭った際は慰謝料というものを受け取ることが出来ます。この慰謝料とは交通事故によって負った怪我による肉体的・精神的な苦痛に対する損害賠償のためのお金のことを言います。

この慰謝料の算出基準は入院の期間や通院の回数などに要した期間です。他にもさまざまな要因により慰謝料は算出されますが、入通院の期間が最も影響することを覚えておきましょう!

この慰謝料は実際どれほどの金額なのか。通常の慰謝料は自賠責保険を適用した慰謝料基準になります。そして現在の慰謝料は1日あたり4200円とされています。そして基準は実際に入院・通院した実治療日数になります。例えば痛みがあってもなかなか通院が出来ないと慰謝料はあまり受け取れなくなってしまいます。なので身体のことや慰謝料のことを考えてしっかりと通院をしていくことが大切になります。

今回は慰謝料について簡単にお話をしましたが、もっと細かい事や他に気になることがありました当院にお気軽にご相談・お問い合わせして頂ければと思います。